日本に一時帰国するデメリット5選

留学

こんにちは、しんです。

留学生にとって、一時帰国は結構大きな悩みのタネだと思います。
特に交換留学など、ある程度の期間が決まっている留学生であればなおさらです。

実際僕も日本への一時帰国については考えるところが多くありました。

そこで、今回は実際に僕が留学中に一時帰国をした経験から、そのデメリットについてまとめていきたいと思います!

日本に一時帰国するデメリット5選

スポンサーリンク

お金がかかる

やはり一番大きな問題なのが金銭面

留学先が日本から近ければ問題はないのですが、多くの留学生がアメリカやヨーロッパなどといった日本から遠い場所へ留学をするかと思います。

それを考えると、留学先と日本を往復するだけでもお財布には大ダメージです。

例えば、僕の場合、アメリカと日本の往復だけでおよそ20万円かかっています。

それに加えて新幹線や旅行費などでたくさんお金を使ってしまっているので、到底無視できない問題です。

スポンサーリンク

緊張が途切れる

大学生が年末年始や長期休暇に実家に帰ったらどうなると思いますか?

答えは簡単です、

ダラけます確実に。

家族の集まりや友達との遊び、旅行などのために帰っても、その日以外は確実にダラけてしまうので、結果的に緊張が途切れてしまうのです。

今まで留学先で気を引き締めていたせいもあって、安心できるところに帰ってしまうと気が緩んでしまいます。

休みの間くらい気を休めても良いかもしれませんが、そのまま留学を再開することが嫌になってしまわないように気をつけたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

海外旅行ができない

留学生は留学をしているので、当然日本ではなく、海外に住んでいます。

なので、長期休みには日本にいる時とは異なり、より安く、簡単に、海外旅行を楽しむことができるのです。

それに、現地はもちろん、その国についてより深く知ることが留学の醍醐味でもあります。

授業や課題などで普段が忙しい方は、長期休暇こそ留学先やその周辺の国々をより深く知るチャンスです。

一時帰国を考えている方は今一度、海外旅行も考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

留学の利点が生かせない

海外旅行ができない』と若干被りますが、一時帰国をするおかげで、留学の利点が生かせないのは確かです。

留学先ではたくさんの友達ができることでしょう。

なので、その友達や現地で知り合った人たちとより交流を深めるためにも、どこかへ遊びに行ったり、友達の家に泊まりに行ってみるのも一つの考えです。

僕の留学先であるアメリカでは、夏と冬に長期休暇があり、春には1週間の休みがあります。

特に冬休みには、クリスマスや年越しなどと行ったイベントが多くあります。

留学中でしか楽しめないイベントを、留学先の友達と楽しむことで忘れられない思い出を作ることができます。

スポンサーリンク

英語力

最後にして一番大きな問題が英語力であると思います。

日本に数週間、数ヶ月一時帰国をしてしまうことで、英語に慣れてきた耳がまた元に戻ってしまう可能性が少なからずあります。

かく言う自分もまた、一時帰国中にあまり英語を聞かないせいで少しだけ不安になっています。

ですが、この問題は自分の努力次第でどうにでもなります。

たとえ一時帰国をしようと日本で勉強をしたり、留学先の友達と電話をしたりすればいいのです。

しかし、もっと英語を勉強したい方や英語を少しでもたくさん話したい方には一時帰国はお勧めできません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は留学中の一時帰国のデメリットについてまとめてみました。

留学中の一時帰国は、当人の考え方価値観に依存するので一概に悪い、もしくは良いと言えないのですが、メリットもあればデメリットも存在するのは確かです。

自分で考えて決めることで、後悔のない選択ができると考えています。

みなさんが楽しく、後悔のない留学生活を送られることを願っています。

それでは、また!

この記事を書いた人
しん

海外留学経験あり、映画・ゲーム・旅行が大好きな大学生。留学経験を生かした英語学習や、自分の趣味をゆるく発信していくブログです。SNSはプロフィール下のボタンから!
今年の目標は基本情報技術者の取得とTOEIC800点。

しんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
留学
スポンサーリンク
しんともブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました