【いくつわかる?】ネイティブがよく使う英語ネットスラング10選

英語学習

こんにちは、しんです!

突然ですが、皆さんは英語ネイティブの方とメールやSNSのやり取りをする事がありますか?

英語を使ってチャットなどをしていると、だんだん「この単語長いなあ、打つの面倒くさ!」となる事が、日本語同様よくあります。

そこで生まれたのが、長い文字を省略するネットスラング

ということで今回は、ネイティブがよく使う英語ネットスラング10選を紹介していきます!

スポンサーリンク

これだけは覚えておいて!英語ネットスラング

lol

流行っていても何の略かあまり理解されていないLOL。

Laugh Out Loud“の略で、日本の「(笑)」や「w」感覚で使われます。

日本でも割と有名なネットスラングなので、Tシャツに書かれていたり、雑貨に書かれているのをみた事がある人も多いのではないでしょうか。

使い方の例としては、

しん
しん

I’ve never thought about it lol.

みたいな感じで、日本の笑いを示すネットスラングとほとんど同じです。

”Lol”単体で使うこともできます。

lmao

“Laughing My Ass Off”の略で、”Lol”の上位互換です。

Lolほど使う場面はみないものの、たまに使う場面に遭遇します。

グループチャットで誰かが面白いことをいった時や、突拍子のないことをいった時に使われている傾向にあって、日本でいう「www」などと、笑いを示す文字を連ねる感覚に似ています。

使い方はLolと同じです。

lmfao

僕はこの文字列自体は有名なアーティスト「LMFAO」から知っていたのですが、まさかネットスラングだとは思っていませんでした。

略は色々事情がありそうなので伏せておきます。気になる方は調べてみてください。

ついでと言っては何ですが、LMFAOで僕が一番好きな曲を紹介しておきます。皆さんもどこかで聞いたことがある曲かもしれません。

LMFAO – Sexy and I Know It (Official Video)

lmk

Let Me Know“の略。

lmkを使うかどうかは人にもよるのですが、何より”Let me…”のような英語は日常会話で頻繁に使います。

何かを考えているときは”Let me see”と言って使いますし、

SNSやメッセンジャーで”Let me know”の使用頻度は本当に高いです。

皆さんもLINEで何かを人に頼んで、「終わったら教えてね」とか、「決まったら連絡して」とか言いますよね。まさにそれらが”Let me know”の用法にあたります。

なので、ネットスラングになったのは必然だとも思えますね。

ppl

3単語の略かと思いきやまさかの”people“の略。

これもネットスラングで、使う人はめちゃめちゃ使います。

確かに、peopleという単語自体日常会話で使う事が多いですし、実際打ってみると「p」を二回打つのが結構面倒。

それに比べて”ppl”にすると、三文字になる上に「p」と「l」のキーが近いので快適に打てます。

ネットスラングはこうやってできているのだなあと感心させられますよね。

msg

message“の略。

“ppl”をみた方ならもう驚かないと思いますが、これも3単語の略ではなく、一つの単語の略になっています。

messageもアメリカ人の友達とチャットをしていると頻繁に使う単語です。

自分はなかなか使う気にはなれないという人も、いきなり使われて戸惑ってしまわないように覚えておくことをオススメします!

omg

言わずと知れたOMGは、”Oh My God“の略。

日本でもそこらかしこでみるネットスラングだと思います。

ですが、「ネイティブがよく使う」とタイトルで謳ってはいますが、あまりアメリカ人で使っている人をみた事がありません。

あまりに有名なためか、それとも使われすぎて逆にダサく感じてしまうのかわかりませんが、どちらかというと”wtf”の方がよく使われている気がします。(これも何の略かは一応伏せておきます。)

チャットではあまり使われないように思える”omg”ですが、日常生活ではよく聞くので是非日常会話で使ってみてください。

しん
しん

Don’t you use “omg” when you’re texting to someone? Omg!

prolly

probably“の略、というか、発音からきたネットスラング。

実際は”probably”に「l」は二つもないのですが、発音しやすいことからこうなったと言われるネットスラング。

“gonna”や”outta”と言った、「relaxed pronunciation contraction」の類に分類されるらしく、Oxford English Dictionaryにも掲載されています。

omw

きっとみたことある人が本当に少ないであろう”omw”。

On My Way“の略で、「今向かっているよ」という意味です。

アメリカは車社会。車がないと本当にどこにも行けず、買い物は基本的に車がないと本当にきついです。

なので、僕も友達に車を出してもらう事が多く、その際にこの”on my way”をよく聞きます。

文の中で使われている場面はあまりなく、単体で使われる事が多いです。

しん
しん

Omw

Gotcha

aight

“aight”は、”alright”や”okay”の代わりとして使われます。

アメリカ人の友達同士ではよく使うようで、今回の記事を書くにあたって友達に見せたら追加してくれました。

相手が何か自分に言ってきて、簡単な返事で済む場合に使える、便利なネットスラングです。

スポンサーリンク

まとめ

知っているネットスラングはいくつありましたか?

全部知っているよ〜って人もいれば、全くわからなかったっていう人もいるかと思います。

実際、使える場面は多いのですが、あまり英語が流暢じゃない場合や、基本的な事ができていない状態でネットスラングや日常会話のスラングを使っていると少しかっこ悪く見えます。

ある程度英語力に自信がついてから使うことをオススメします!

しん
しん

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは、また。

この記事を書いた人
しん

海外留学経験あり、映画・ゲーム・旅行が大好きな大学生。留学経験を生かした英語学習や、自分の趣味をゆるく発信していくブログです。SNSはプロフィール下のボタンから!
今年の目標は基本情報技術者の取得とTOEIC800点。

しんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語学習
スポンサーリンク
しんともブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました